箱根駅伝、日本人は名誉のために、 ケニア人はお金のために。

 
やっぱり金のために走る人は強い。
ケニア人が強い理由は意識。
 
【マラソン】ケニア人選手はなぜ日本を目指すのか?
 
日本人は名誉のために、
ケニア人はお金のために走る。 
 
どっちが強いのか?
どちらの想いが強いのか? 
 
それを見ることができるのも、
箱根駅伝のおもしろさかもしれない。 
 
 
貧困からあがれるチャンスがある。
そのために走る。
 
やっぱりそういった気持ちの強さは、
かなり強いものなんだと思う。 
 
 
自分も今年は上がっていきたい。
そのために、どんな想いを持つのかは重要。 
 
箱根駅伝で勝った人たちからは
そういったことも学びたい。 
 
 

人を育てる箱根駅伝の名言 [ 生島淳 ] 
 
 
 
フツーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校にな [ 原美穂 ] 
箱根駅伝にはいろんな人の
マジな思いが詰まってる。