パーキンソン症候群が回復した加藤茶と起業したかっこいい男性

 
加藤茶さん、パーキンソン症候群だった
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/11/kiji/20191011s00041000237000c.html 
 
運転事故の話よりもこういった話が広まってほしいです。手足がこんなに弱ってしまうのに運転はできるわけがないとは思う。 
 
ほんとうにパーキンソン症候群が原因で事故が起こったのだろうか? 




こんなかっこいい人もいる。
 
病気になっても、自分の気持ちに素直に生きたい。パーキンソン病がありながらレストランを開業した清水秀樹さん
https://soar-world.com/2018/09/25/hidekishimizu/

パソコンのマウスも動かせない。
大好きな運転もできなくなってしまったそうです。 
 
それでも、社長になりたいという夢を叶えている人もいる。病気はできない理由にはならない。




やっぱり権力というのは存在して、刑を免れることができる。忖度というものが存在してテレビから干すことができる。 
 
そうなんじゃないかって思っていたことがどんどん明るみになっていっています。 
 
そんな中でどう生きていくのか? 
 
でも、会社でも上司に気に入られれば出世できたりする。それも実力のうちと言ったら実力のうちでしょう。 
 
事故死させておいて、病気のせいにできるのはおかしいけど、そんな理不尽なことは、世の中にある。悔しいし、悲しいけど、その事実を認めて生きていくしかない。 
 
この事実を変えることに力を注げることはないな〜。