今日気になったこと

アラフォー独身男のブログです。

箱根駅伝で東海大学が初優勝した理由「いやらしい・クレバー」

  
  
東海大学が優勝したのは、
駆け引きで勝ったからというのも
一因としてありそう。 
 
後ろにぴったりと、
自分より速い人がつけつづけているという恐ろしさ。 
 
なんていうか、
生きた心地がしないんだろうな~
 
 
そんな駆け引きを見せてくれた東海大学・小松陽平(3年) 
 
東海・小松の「駆け引き」が「いやらしい」「クレバー」 
東洋・鈴木に14キロべったり、首位もぎ取る

http://news.livedoor.com/article/detail/15824030/ 
 
こういったところも、
マラソン・駅伝のおもしろなんですね。
 
早ければいいってもんじゃない。
  
 
マラソンは、頭を使うスポーツ。
そして、駆け引きもありのスポーツ。 
 
そんな視点で駅伝を見ると、
また楽しさが増すんだろうな~。 
 
 
僕はあまり興味がないので、
 
あ~正月からがんばっている男たちは
美しい・かっこいい。 
 
それくらいの軽い気持ちでしか
見ていませんでした。 
 
 
でも、どのチームがどんな作戦を持って
走っているのかを考えたりしながら見れたら、
それはそれでおもしろいんだろうな~って
思います。 
 
 

陸上競技マガジン増刊 第95回箱根駅伝速報号 2019年 02月号 [雑誌] 
 
 
 
箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ (文春文庫) [ 生島淳 ] 
 
深く知っている人ほど、楽しみも深い。