日記

AKBという仕事の死、終わりがあるから今が今が濃くなる

 
仕事の死:山田ズーニー・おとなの小論文教室。
https://www.1101.com/essay/2011-08-31.html

この記事を読んで思ったこと。
AKBという仕事の死はいつだ?
卒業をすると一度、仕事が終わる。
 
転職みたいなモノだと思う。
終わりのある仕事。それがAKB48。
 
 
ここにいながらにして、次を見据えることは
とんでもなく大事なこと。

そのためには、やっぱり清く正しく美しく、
アイドル道を貫き通さなくてはいけない。 
 
 
スキャンダルとかを起こしてしまったら、
卒業後の活動には、絶対に響いてくる。

AKB48をはじめたときは、きっと最後なんて意識しない。
 
でも、20歳を過ぎて、同期が卒業していくと、
考えざるをえないと思う。 
 
 
卒業した先輩は、若い後輩に、
どうやってAKB48にいる時にやっていったら、
卒業後に悲惨な想いをしなくなるのかを教えてあげて欲しい。

自分がうまくいっていないとしても、
逆にこうやったらダメだってことを
教えることができると思うんです。

でも、芸能界は周りはみんなライバルだから、
そんな親切にアドバイスはしないのかもしれない。

自分の道は自分で切り開いていくしかない。 
 
 
人間は死というものがあるから、そこを意識して生きる。
それによって、毎日に濃さが生まれてくる。
 
若いうちはいいかもしれないけど、年を重ねるごとに
もっとちゃんとしなければいけないと思ったりもする。 
 
 
AKB48にいるということも同じことでしょう。
終わりがあるから、今を愛おしく思える。

そして、知っておいた方がいいのが、
今は絶対にずっとつづかないってこと。

だからこそ、かけがえのないものだってこと。

いつか終わってしまうからこそ、終わらないために努力する。
終わった後に始められる様に準備をしておく。 
 
それって、何もアイドル活動に限ったことばかりではない。

今が永遠にあるとか思ってしまっているから、大切にしないし、
あとで後悔しか残らない様な人生になってしまう。 
  
 
終わりがあるから、死があるからこそ、
そこを意識するからこそ、見えてくるものがある。
 
 
 

   





■AKB48劇場をDMMで見たら、思ったよりいい!

AKB48劇場 DMM動画img_6730
【感想】DMM.comでAKB48劇場公演動画生活

AKB48 週間 作品ランキング ベスト10毎週金曜日更新!
AKB48 DMM 月額会員限定特典




 

-日記
-